ブログ

  1. 49-08

    プロの目がどうしても必要

    たとえば、建物の劣化具合を建物の調査とか診断の段階では、プロの目で正確に診断をしたり、アンケートを居住者への行って、必要な改修箇所を指摘してくれします。

  2. 49-09

    建設業の業務の一つとして土木工事業

    総合的な企画をして、指導や調整をしていながら、工事を進めていくこととします。とび・土工工事業という仕事もあげられます。ある意味新築工事や改築工事、増築工事などが主な仕事となるのでしょう。ある意味足場を組み立てたり、重量物を運搬しましたり、工作物を解体するなどの仕事があげられます。

  3. 49-10

    将来性のある分野

    3Kの業界であると言い聞かされますが、まっとうな会社はいっぱい存在していて、恵まれた労働条件で労働してる人は大勢います。この仕事は最新の機械や設備を用いて、ここまでに蓄積されてきました技術を活用して、安全にいち早く工事をすることの方が求められます。

ページ上部へ戻る