がん治療に使用する抗がん剤の知識を身につける

抗がん剤治療

がん治療をする上で抗がん剤の使用は必要不可欠です。しかし、抗がん剤には様々な種類があり、がんによって効き目も変わります。また、副作用も抗がん剤で負担が異なります。その為、抗がん剤のことを知ってから治療するとより良い効果が得られるようになるでしょう。

抗がん剤に関すること

病院

がん細胞の動きを抑制する化学療法

化学療法は、薬を使用してがん細胞が増えないようにします。さらには、がん細胞が分かれる働きを抑制して細胞を壊すのです。

がん細胞が増えるのを抑える分子標的治療

分子標的治療は化学療法と同様の働きをしてくれます。しかし、分子標的治療にはがん細胞の遺伝子を破壊したりがん細胞におけるたんぱく質の組み合わせを抑制するのです。その為、副作用を軽減することができます。

ホルモンを調節して改善を目指すホルモン療法

ホルモン療法は、がん細胞を壊したり増えるのを抑えたりする働きはしません。しかし、ホルモン治療をすることでがん細胞が増えることに関係しているホルモンを整えて細胞が増殖しないようにするのです。

がんに関する口コミ

副作用の少ない治療があります!

がん治療といえば副作用が辛いイメージがありました。しかし、治療をしていくと副作用は少なく思っていたより早く治りました!

早期発見が重要!

体調が悪く異変を感じたのですぐに病院へ行きました。そうすると、がんが見つかりました。でも早期でも発見ができたので大掛かりな治療をする必要がなく早期の改善ができたので、何か身体に異変があれば病院に行くようにして下さいね!

がん治療は通院でもできる

がん治療を通院でするようにしました。通院だと家族とも一緒にいれるので安心して治療ができましたよ!

がん治療のことを知る!

がんになると不安なことがたくさん出てきます。しかし、がんに関することを自分なりに調べていると様々な治療があり安心できることを知りました。安心できることによって不安もなくなりスムーズに治療ができるようになりましたよ!

自分に合った病院を選んでおく!

がんになった時に悩むのが病院選びになります。私は万が一の時に病院を事前に選んでおきました。そうしていたので、スムーズに治療へと移行できたので慌てることはありませんでした。