設計

  1. 49-05

    理想的な建築を目指す貴方へブログ:17-08-04

    あまり知られていない部分も使用され日常生活で使うようなことも殆ど無いプロの建築コンサルタントということですから、優良な建設を手に入れられる可能性が圧倒的に高まります。もし多くの施工業者の実績を下調べしてみたいと考えているなら、とにかくまずはじめに様々な建築業者の実績の動向をことが大切です。

  2. 49-01

    理想的な建築を目指す貴方へブログ:17-07-20

    何時でも何処でもパソコンやスマフォでネットを使用することによって施工会社探しが出来ちゃいます。占い結果が口コミでも人気の建築の業者に発注を絶対推奨します。TVや本などいくつかの方法を使って建築工事会社がいろんな意味で注目されています。近年ではれっきとした情報屋として建設会社をものです。

  3. 49-01

    複雑な建造物の設計

    こうした状況を考えるとCADを勉強中の人は「家もダムも橋も、ぜんぶ『建設』と呼べばいいのに!」と思いるのでは?つまり、求人で見かける「建設系CADオペレーター募集」という表現は、さまざまな物事の境界線がなくなってきた「今」を反映してるともいえる。

  4. 49-02

    建築主の要望を取り入れながら設計図

    最初に、個人のマイホームなどの新築には、「建築主」と「施工業者」が携わります。一方、ビルなどの大きな建築物やデザイン性のある建築物の建築には、「建築主」「施工業者」に加えて、「設計事務所」が参加します。設計事務所が建築主と施工業者の間に入るのが、個人の住宅の場合と大きく異なるところです。

  5. 49-03

    ほとんどの建物がプレハブ化

    屋根もトタン屋根などは現場で加工しての施行です。以前よりも建材メーカーの工場で造られましましたり、加工されましたりしたいものが多くなっていたんです。1980年頃までは家を建てるとなると、かなりの工期が必要だった。外壁はモルタルが多く、職人さんがつくるのが普通だった。

ページ上部へ戻る