ブログ

建築主の要望を取り入れながら設計図

49-02

最初に、個人のマイホームなどの新築には、「建築主」と「施工業者」が携わります。一方、ビルなどの大きな建築物やデザイン性のある建築物の建築には、「建築主」「施工業者」に加えて、「設計事務所」が参加します。

設計事務所が建築主と施工業者の間に入るのが、個人の住宅の場合と大きく異なるところです。建築主は「施主」とも呼ばれる。

また、どんなふうにいった工程で推進するか、工事には如何いうな材料や機械が必要か、見積もりはどの程度かなどを建築主に提示します。建築主に依頼されて建築工事をする人たちのことを施工業者と言う。

建築主とは、現金を出し、建築の依頼をする人のことなのです。設計事務所の役割は、「建物の設計図を作成すること」です。

工務店やハウスメーカー、建設会社を指します。戸建て住宅の建築は施主と施工業者によりまして成り立つしているのです。

建築主の依頼を元に、建築主の要望を取り入れながら設計図を制作します。では設計事務所はどんな役割を所持していますのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る