ブログ

ほとんどの建物がプレハブ化

49-03

屋根もトタン屋根などは現場で加工しての施行です。以前よりも建材メーカーの工場で造られましましたり、加工されましたりしたいものが多くなっていたんです。

1980年頃までは家を建てるとなると、かなりの工期が必要だった。外壁はモルタルが多く、職人さんがつくるのが普通だった。

お部屋の壁も漆喰となれば、これまた職人さんの出番です。窓やサッシ、玄関ドアなどは規格があったのだったが、その他はほぼ手作業です。

一般的なお住まいだけでではなく、ビルといいました大型の建物、物置やカーポート、ほとんどの建物がプレハブ化しているのです。その頃は一般的な木造住宅の場合、柱や梁の継ぎ手、墨付けに従いまして大工さんが手工具で加工してましてしまったのです。

外壁はサイディングが普及し、木造軸組住宅用部材はまったくがプレカット、床材も、内壁も、ほとんどの建材が規格化されます。ところが1990年頃から様子が変化していきます。

従来は現場合わせで加工されてたものがいまはほぼ工場で加工されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る